不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 地震に大雨に、、、今年は大変、、、 | main | 不動産会社さんのための、今日のブログネタ >>

地域ワードを入れてプロの観点から災害時の「もし」を情報発信しましょう。

Category:- Date:2018.07.13 Friday

不動産屋さんはちゃんと情報発信したほうがいいよって、いつも言ってますが、今般の豪雨に鑑み、地域の人たちのためにもプロの観点から以下のような情報をブログでわかりやすく簡潔に書いたほうがいいと思いますよ。

地域ワード入れながら書いたらSEO効果もあると思いますし、長い目で見たときの宣伝集客効果も高いと思います。

・災害にあったときの住宅ローンのこと

・災害にあったときの火災保険のこと

・不動産契約中(引渡し前)に災害が起こった時のこと

            ……などなど

 

さて、 雑感的なこと 。

 

先の西日本豪雨から早いもので1週間がたとうとしています。

まだまだ復旧が立たず難儀を強いられている地域の方々をみると本当に気の毒でなりません。

つい先日まで、我が子が生死をさまよった身からすれば、被災地の赤ちゃんは大丈夫だろうかと心配になります。

ボランティアにも行けないし、何もできないけれども、些少ながら寄付させてもらいました。

貯まったTポイントとかで寄付もできるので皆様も良ければぜひどうぞ。

ヤフーTポイント寄付

https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630036/

 

さて、テレビで被害状況を見るに、わが国はこの先大丈夫だろうかと感じずにはいられません。

我が国は海があってわずかな平地があって背後はすぐ山。そういう状況ですから基本的に災害には弱い国土です。

そもそも平地利用が活発化したのは、河川を制御でき始めた戦国期あたりから。

信玄堤だなんだの地方もそうですし、江戸だって大阪だってそうでしょう?

人工的に河川を治めてきた歴史なので、本来的に河川氾濫リスクは高めなわけです。

 

それに加えて、今は環境変化の豪雨がドシャと降るから、太古の昔から何事もなく存在してた山とかでも突然崩れたりして住宅地を壊滅状態にしてしまってたいへんなわけです。

 

で、何が言いたいかというと、「災害が起こったときに田舎に住み続けられるか」ってこと。

これは、都会生まれ都会育ちの人にはピンと来ないかもしれない。

 

いまね、いろんな産業・商売が斜陽になってきています。

田舎の商店、小さな工場、ガンガン潰れてるでしょう?かつての商店街はシャッター街でしょう?

 

たとえばね、昔から続けてるけどやっと食っていってる感じだった工場が今回の災害で被害を受けた。じゃぁどうするべ?ってなったときに、新たに銀行から多額のカネ借りて工場再建しますか?これから先々考えて儲けそうな気配はないのに。

何気なく続けてたけど、ここらで終わりにしようか、ってなりませんか。

細々と続けてきた農地がやられた。泥と下水とオイルにまみれた。回復は何年かかることやらってなったら、もう手じまいしようかってなりませんか。

 

努めている人も住処を失って、新たにローン組んで同じ土地に住もうと思うのか。災害危険区域じゃ家を建てたところもう売れないし。じゃぁ仕事もとめて都会に、ってならないかな。

 

今回の災害にかかわらず、地方の衰退によって仕事がなく、都会に出てくる人はもうずいぶん前から多い。

実際にいまや東京・大阪・名古屋の三大都市圏だけで人口は半分を超えました。。。

日本の人口5割が3大都市圏に集中 総務省

http://www.news24.jp/articles/2016/07/13/04335266.html

 

もはや、地方の衰退どころか、地方消滅な勢いじゃないですかね。県庁所在地とかはまだ大丈夫だろうけども、それ以外の地は存続が危うい気がしています。観光地や、商売が機能する一部の地域以外は悲しいかな未来が感じられない。どうすんだろうね?

 

今回の西日本豪雨災害でそんなことを強く思いました。

 

全ての街を救うことは無理だけど、せめて県レベルでの地方は残し活性化してもらうために、再び日本列島改造論やればいいのにって思います。道路ガンガン作り直して、都会に集まるカネを地方に還流させると。結局そういうモノは国内循環するんだから、取った取られたの話じゃなくて、国内をぐるぐるカネとモノとヒトが回る社会はできないもんかねって思います。

 

 

さて、連日、我が元未熟児が夜泣きで奥さんがキーキーなっています。

子育てって大変ですね。こういうのを諸先輩方は乗り越えてこられたんだと思うと、すべての親御さんを尊敬せずにはいられません。

 

すべての子供たちの未来のために、がんばっていこうと思います。

未来は待ってくるもんじゃなくて、作るもんだしね。

  
| - | 04:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2627

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る