不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 私事ながら…… | main | 地震がありまして、工務店さんとかリフォーム業者さんとか、ホームページとか情報発信しっかりやったほうがいいよと思った件について。 >>

反響が奪われる?!気を付けよう「自社名広告」の罠

Category:マーケティングめいたこと Date:2018.06.14 Thursday

知り合いの不動産会社さんを検索してホームページを見たら、ちょっと思うところがありましたので、承諾を得て思うところを書いてみたいと思います。

 

さて、会社名で検索すると下記のように出ました。まぁ、だいたいどこもこんな感じになるかと思います。

 

不動産ホームページ

 

最近では、グーグルもネット情報だけでなく、リアル情報も重視しているので、横のほうにグーグルが用意した会社概要が出てきます。

 

まぁ、それはさておき、まずは左側のテキスト(文字)検索結果を見てみます。

 

1)自社名で他社が広告を出している??

 

「会社名」で検索しましたので「自社サイトが一番上に出てこないとまずいはず」なのに、一番上には「広告」が出てきてしまっています。

 

広告のドメインを見ると、なにやらポータルさんが「Eクラウド住販」さんの名前で広告を出しているようです。

 

これだと、本来会社に来るはずのアクセスが、間違えてポータルのほうに飛んでしまうかもしれません。

会社名で検索するような人は、その会社のサイトに行きたいはずです。でも広告に誘導されてポータルに行ってしまったら、本来は自社サイトに来るべきアクセスがそっちに流れて(奪われ)しまますよね?

 

このポータルのことは存じ上げませんが、反響課金なのかな?だとしたら、無駄な課金がそこで発生してしまうかもしれませんよね?それどころか、ポータル内でほかの会社に目移りしてしまって、他社に行ってしまうかもしれません。

 

ストレートに自社サイトに来てくれればストレートに発生していたかもしれない反響が、ポータルに横取りされる形にならないですかね?

 

これ、実は昔、反響課金の求人サイトなどがやってた手法で、会社名検索で来た人を自社サイトに誘導して課金反響に転化する手法ですね。(今でもやってるのかな?)他には、同業他社が競合相手の会社名で広告出して集客を奪うなんてことも昔はありました。いまではあまり見かけませんが、不動産業界は遅れているのでしょうか、こんな古いやり方今時やるなんて。

まぁ、リスティング広告自体、大手中堅の独壇場で、多くの不動産屋さんが気付いてさえいません。

 

なんにせよ、自社名で広告をかけられていたら、広告主に連絡、Googleにも通報して取りやめさせたほうがいいでしょう。

せっかく、「自社指名」してくれてる客を他に逃がすことはないですよ。

 

 

2)ナチュラル検索でもポータルがいっぱい、、、

 

同様に、一番上の検索結果以外は、1ページ目ポータルに寡占されてしまっています。

これも上記同様にポータルに行ってしまって、そこからほかに目移りしてしまうかもしれません。

そもそもポータルは自社内での反響発生させるためにSEOに力を入れているのでこうしたことになってしまっています。

せっかく自社指名で来てくれているのに「よそも見てみよう」って気になったら残念ですよね。

人間は1度に1つのサイトしか見れないじゃないですか、

 

よって、がんばって、ブログやサブサイト等で、せめて1枚目は埋めるべきじゃないかな。

他のワードでのSEOはともかく、せめて自社名でのページはよそに行かない何かで埋めておきたい。

今の時代、1企業1サイトの時代でもないし、運用の手間さえなんとかなるなら、いくつもサイトを運営して、集客網をまるで蜘蛛の巣のように広げておくべきかと思います。自社サイトを主軸に、サテライトのサイトをいくつか。

 

情報発信こそがスモールビジネスでは命の時代です。

 

 

3)検索の右側に出てくる会社概要にはレビューを

 

これは前にも書きました。

>>不動産業者さんのネットレビューについて

もうね、レビュー社会なのですよ。評判検索時代なのですよ。

悪いレビューとか、レビューがないとか、それ自体がマイナス。

グーグルが余計な機能つけた、と思うのか、良い機能をつけてくれたと思うのかは気持ちの持ちよう。

 

掲題のeクラウド住販さんには、現在のところレビューがありません。

新設された「質問と回答」何も書かれていません。

これは非常にもったいないことです。

 

既存のお客さんに協力してもらい、良いレビューを書いてもらいましょう。

やらせレビューはばれてしまうので、正直に書いてもらいましょう。

 

情報発信こそがスモールビジネスでは命の時代です。

 

大変ですが、いい時代になりました。昔だったら小さな会社は知ってもらうことすら困難だったんだから。

いまはしっかりとネット対策やったらきちんと地域の人に知ってもらうことができる。

「無料で」という時代はもう過ぎたので、多少のコストや労力はかけるべきですが。

 

以上、お知り合いの会社さんを検索したら気になることが出てきたので記事書いてみました。

ご参考になれば。

  
| マーケティングめいたこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2622

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る